あなたの普段はなりたいものに近づいていますか?

 

『Greatest showman』という少し前から気になってた映画を観ることができた。
ミュージカルは好きだしYouTubeにある劇中歌を何度も聴いてて観たい気持ち100%。

みせてくれた彼女を無視して映画にのめりこみました。
ネタバレ考察も見てね

 

 

理想像を着る感覚の話。

映画自体も現実とは違う演技の世界だけど、
ミュージカルって演技の世界の中のミュージカルの世界じゃないですか?

その時間、その空間だけは登場人物たちの世界が変わるって
ヒーローが変身するような魅力があると思うんです。

変身したヒーローが無敵なように、
彼らも曲が終わるまでは別人で、どんなかっこいいこともやってのける。
それは素敵だなって思うんです。

 

笑顔が作れないなるもダンスをしているときは自分にしかできない表情があると自覚してます。

自分の理想も普段からすごい人じゃなくて、
そういう集中力がMAXな状態のときだけ
さいごは必ず勝つヒーローみたいに信頼される姿です。(仕事面とか活動すること全般で)

 

で、それになるには?

 

最近思うのはやる気を出そうとするよりそういう理想像になる意識を持ったほうがいいと思います。

やる気を出したらアカ~ン!

やる気を出すって結局、スーツを着てないヒーローの防戦一方ジリ貧戦でしかなくて。
そんな意識だと自分は自分のままなんです。

だんだん苦しくなって飽きてやめるとか、甘い物甘い言葉で回復し続けないといけないとか
けっこう悲惨じゃないですか?

 

だいたい、”頑張る”を1.5倍のことと考えてると危ない、それは”無理をする”と同義になってしまう。

ヒーロータイムを設けよう

まずはそういう状態になるクセをつける。

なるの場合

イヤホンをしてちょっと大きめの音量で流す。ワンリピ飽きたら外す
音楽に合わせて手を動かしてみる
コーヒー系の飲み物を飲む
お腹は空かせておく

これって受験生のときにやってたことで、
今でも通用するのは染み付いているからだろうね;;Arigato previous me!

真似してもいいんだけどこういうのって探せば山ほどあるし、
どれも発信者が一番でたぶん思ったより効果でないよ。。

それはやっぱり
今までとのギャップがあるから。

縮めよう距離。伸ばそうヒーロータイム。

 

そりゃ引きこもりがいきなり高時給だからって工事現場で働いたら体壊すのと一緒で
いつもと違うことをすれば体力的にも精神的にもきますって。

???「基本がなっとらん。」

集中してしたいこと、集中すること自体すら慣れてないならまずはそこからです。
今、なんの苦労もなくプログラミングを一日中続けられるのも、普段からやってきたから
ブログの更新が遅いのも慣れてないから。

 

ライティングとかコーディングに慣れたいならいなフリもおすすめ!

田舎フリーランス養成講座公式サイト
ちゃっかり宣伝

 

タイムマシンがあるなら10年選手になろう!

子供のころからしてるものはギャップが少なくてやりやすい。
ひょっとしたら子供のころの習慣で役立つものない?

 

 

そんな都合のいい話もタイムマシンもないからじわじわ近づこうね。^^

 

なるはなんだかんだ

ゲーム楽しい

ゲームみたいに解ける算数/数学楽しい

数学みたいに考えれるプログラミング楽しい

の順序で最終的に考えること全般が好きになってしまいました。変態ですね

カバン投げて遊びに行ってたころから、じわじわ勉強を遊ぶものに変えていったんです。
そうやってなるが勉強とのギャップを縮めるみたいに近づいたらいいはず。

ここ勘違いすると死ぬ

好きと得意が違うって話。

そう。好きなのに続かないことはよくある。
気分とか一時的なもの以上にキャパはあるからメンヘラにならないでほしい全国の頑張り屋さん。

 

ちょっと話がそれたわ

 

理想にするくらいだからそれは好きなものに違いないんだけど、
成功してる姿だけじゃなくてそのために作業してる姿も好きにならないとね。

で、そこから少しずつ理想の自分を演じてみる。演技時間を伸ばしてみる。

 

よく聞く『周りとぶつからないように』演じることとは逆で、
むしろ『自分とぶつかるために』演じる。
今の自分では出来ないことをやってのけるために使うべきです。

 

まとめ

 

  • 意識を変える
  • メリハリをつける
  • 習慣づける

これをまとめれば演じるんだと思います。

中二病でもなんでもいいので、その時間は別人になってやるのもいいかも。

 

未分類
スポンサーリンク
シェアする
なるをフォローする
モチ研部室前

コメント